FC2ブログ
副業の達人が教える、世界で一番簡単な「毎月30万円の稼ぎ方」。RSS
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
ニッチキーワードをかき集める (副業コラム)
2007-09-17 Mon 08:31

「ニッチキーワード」とは、

検索回数が少なく、競争が少ないキーワードの事で、

簡単に上位表示が狙える半面、

たいしたアクセス数は見込めません。

                                                                        

しかし、

この「ニッチキーワード」を使って、

サイトを量産すれば、

馬鹿にならないアクセス数を集めることができるのです。  

                                              

情報商材(e-book)系」の方々がよく使う方法で、

量産が出来るサイトで、効果を発揮します。

                   

「ニッチキーワード」は、                  

「フェレット」を使えば簡単に調べることが出来ます。

                    

・「フェレット」  http://jp-ferret.com/  

Ws000017

   

      

   

      

   

                     

                              

とりあえず、

「ゲーム」というキーワードで検索してみます。

                     

すると、

以下のように検索回数(目安)が、

一覧表示されます。

Ws000018

       

   

   

   

   

   

    

         

                    

        

             

最高200件の「検索キーワード」が表示されますので、

この中で検索回数が少ないキーワードは、

「ニッチキーワード」と思っていただいてOKです                 

         

ただし、

「ニッチキーワード」を選ぶ際は、

そのキーワードで自分のサイトが上位表示が可能かを、

自分で判断しなくてはなりません。                                                      

              

Ws000018_2         

  

   

    

   

   

   

      

   

       

       

                  

「Y!」の画像をクリックすると、

「Yahoo!」の検索結果に飛びます。

(「G」は「Google」、「R」は「楽天市場」、「a」は「amazon.co.jp」です。)

                                                

Ws000019      

           

 

  

               

     

          

                                 

自分のサイトが上位表示が可能であるかの、

簡単な判断基準は、次の3つです。

                        

① 「サイト名にキーワードが入っていない」

検索エンジンは、サイト名とサイト説明文を、

もっとも重視します。

にもかかわらず、検索結果の上位に、

サイト名にキーワードが入っていないサイトが並んでいれば、

それは、競争がほとんど無いことを意味します。

                 

つまり、「ハンゲーム」と検索した場合は、

サイト名に「ハンゲーム」というキーワードが、

入っているかどうかをチェックします。 

                 

                           

② 「公式サイトが上位を独占していない。」

公式サイトというのは、

優先的に上位表示される仕組みなので、

公式サイトが上位を独占していれば、

そのキーワードはあきらめる方が賢明です。    

                    

                           

③ 「上位サイトのページランクが4以下である」

「ページランク」とは、

「Google」が各サイトを10段階で評価したもので、

1~2なら、「普通のサイト」、

3~4なら、「レベルの高いサイト」、

5以上になると、「超有名サイト」という感じです。

                          

「ページランク」は、

「Googleツールバー」をダウンロード(無料)すれば、

簡単にみることができます。

         

Ws000021        

↓Googleツールバーをダウンロード(無料)↓

         

   

                                             

ページランクが4以下までであれば、

時間をかければ上位表示は不可能ではありませんが、

上位サイトのページランクが高いほど上位表示は、

困難になると思ってください。

              

そして、

今回の「ハンゲーム」の場合は、

ページランクはそれほど高くはありませんが、

「ハンゲームの公式サイト」が上位を占めており、

ここに参入するのは、かなり困難なように思います。                      

                                      

このような感じで、

検索回数が比較的多く、

競争の少ない「ニッチキーワード」を、

コツコツ調べていきます。

                                                                 

このような「ニッチキーワード」を使って、

大量にサイトを作っていけば、

検索エンジンから簡単にアクセスを、

呼び込むことができます。

                    他のキーワードの選び方を見る→

                    

                

キーワードを決定したら、

次に「SEO対策」をサイトに施しましょう。 

            「ブログの評価を上げる5つの評価基準」に進む→

 

   

by SEO対策について

スポンサーサイト

別窓 | 副業 |
| 副業の達人 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。